三の沢へ

2011年10月11日

小さい時から積み木とか好きでした♪


c0138991_22405954.jpg



日曜日の作品でございます。(* ̄〓 ̄*)ウフフフ

台風の大雨で、これまでの経路が崩落したり
いろいろな三の沢。

石積みも新しいのが作ってあったけど
もっとラクに堰堤を越えるために
一ヶ所新設してきました。



D700 + Ai AF Zoom Nikkor 28-105mm F3.5-4.5D(IF)




雨の音が目覚ましだった。

昨日あんなに晴れていたのに。
えぇ~~??どゆこと?!

雨?雨?うっそー!!
今日の方が昨日よりいい天気のはずじゃなかったの???

びっくりして一気に眠気も吹っ飛んだ。
すぐさま枕元の携帯で雨雲レーダ-を見た。

大山に向かう道中に、
山の上空にずど~~~んと入道雲がもくもくしてて、
高さの半分ほどは雲の中で・・・。

ぎょえーーーー!!って思ったのだった。
これでもかっ!というモコモコ雲。

でもこのところ、お昼過ぎたら回復する傾向みたいだし、
予報じゃこの後雨雲のかかることもなさそうで。

それじゃあ予定通り行くべし!!






c0138991_2023219.jpg


今日はきっと多いに違いない!!と思ったら
やっぱり駐車場はたくさんの車が止まってた文殊堂のところ。
出遅れたか!って感じだったけどまぁまぁいいポジションに停められた♪

土曜日に来たかったけど工事関係者と顔を合わせるのが怖い小心者としては
日曜日、工事が休みと分かっていてもドキドキそわそわ挙動不審なのであった~

車の気配が無い時まで待つ。
それからキョロキョロ辺りを見渡して、
目撃者のいない事を確認して・・・・・

気持ち早足になるのはどうにも止められない。









c0138991_2033449.jpg


台風直後は、重機の通る道も軒並み流されてしまってたのに
おおお♪素晴らしい~~♪
とぉ~~ってもいい具合に均されて歩き易くなってました。









c0138991_20402175.jpg


前来た時はどこを歩くのが正解か自信が無かったけど、
今日はここを歩いていいと分かってるから気分が軽い!!

それに登山靴の跡が沢山付いてたんです♪
今朝歩いたばかりの新鮮なのがたくさんね♪









c0138991_2043586.jpg


土石流の激しさを歩いてるとヒシヒシと感じます。

左の崩れたところは、
これまでの経路だったところ!









c0138991_20463628.jpg


気分よく進みました!!
日差しも出て来た!!
天気予報を疑ってごめん!!

でも稜線付近は半分くらい雲中のまま。
これがすっきり取れたらいいのにな~

日差しが暑いと思わない
むしろ暖かさにホッとする。
それぐらい気温が低く感じる。

前日の続きで脚が痛かったのが
唯一今日の行方を左右する懸案事項だった。

ストックにすごい頼りながら
ゆ~~っくり
ゆ~~っくり

もう、この時すでに
上まで行こうとは考えていなかった。









c0138991_20565454.jpg


工事車両の為の道もここで終わり。

この堰堤の前で右側へ上がって行きま~す。









c0138991_2059317.jpg


これのお蔭でここまで楽をさせていただきました。
ありがとうね~~~







ここから先はもう易しくないんです。

これまでは優しい小道がここから最終堰堤のチョイ前まで続いていました。
でも先日の雨はその道を削り取ってしまったんです・・・。









c0138991_2102616.jpg


次の堰堤を越えるのにはどこから行くのかなぁ~??
新しいルートが作られてるのかなぁ~??
目印とかあるのかなぁ~~???

・・・と思ってたらありましたよ!!
もう目が釘付け!!










c0138991_2172547.jpg


こ・こ・こ・こ・これは!!!!
ここから上がって行くのがスタンダードなのかぁ~~!!!
はうううううううーーーーー!!!!

まぁ・・・ここによく来る人だったら
これはこれで十分なものと思うけど。

それともここに来たら一個以上石積んでから通過してね!
という意味を含んでるのかもしれない?!

横の崩れた斜面からもとあった道に上がるのも
それはそれで出来そうだったけど、
上がった形跡はないしぃ~~

よっし!決めた!


今日はこれをするためにここに来たんだよ。
それもまたいいじゃない!

という風に勝手に自分の中で納得しまして、
作業に没頭したのでした。


そして一枚目のあの石積みは出来たのでした~~









c0138991_2121999.jpg


お好きな方からお進みください~♪♪♪

もっと大きい石が持って来たかったけど
ぎっくり腰になったら元も子もないんでスイマセン~

端面が水平なのをステップとして持ってきてます。
ああ見えて四段の階段状になってます。
あんましよっこらしょ!って頑張らなくても上がれます。
降りるときもラクラク~♪

何回も自分で行ったり来たり荷重をかけてチェックチェック☆

ピッケルも持ってくりゃ良かったよ~~って思いました。
使い方が違うぞ!!って言われてしまいそうだけど。
ツルハシの代わりに・・・ねぇ。









c0138991_21281140.jpg


そしてさっきの堰堤を越えて次の堰堤ですが、
この金網階段をよじ登りまぁす~~~

上がると以前のルートに合流します。
そこから先はこれまでと同じに近いらしい。

でも最終堰堤の手前は最終堰堤と同じく、
左側を登って行くことになってしまってるそうです。

「らしい」とか「そうです」と書くのは、
この日はそこまで行かなかったからです。









c0138991_21302913.jpg


右の方に道が見えるのが
これまでの小道。
ズボっと崩れてるのもお分かりいただけるかと。

そこを進んでもうちょっと先まで、とよぼよぼ歩いてると
前方から降りてくる人の気配を感じました。

前はよく来てたけど今日は一年ぶりに来たんですよ!という方でした。
今日は上はガスガスで残念だった!というお話を聞いたり
私からは台風であちこち被害が出てますね~、とか
堰堤のところでしばしの立ち話に。

そうしてると稜線のガスが切れてクッキリと一望出来るようになりました。
出会った方はもうちょっと待てばよかった!!と悔しがってました。











c0138991_22164925.jpg


ずっと立ち止まってるとホント、寒かった~~
すると久しぶりの三の沢さんが、歩いてるよ!!
くぅー!!いいなー!!
と稜線を見ながら言います。

確かにいますね!
お分かりでしょうか縦走中のかたの姿が。









c0138991_22194050.jpg


右から~
左から~

結構な人数が確認出来ました。
みんな速い速い!

でも稜線はしばらくするとまたガスに包まれて行きました。
風も出て来たと思ったら
雨粒も混ざるように。

そしてそれが本降りとなる前に撤収することに。
その際に新しく作った石積みから降りていただいて、
山の装備の男性が、そろりとじゃなくスタ!と降りても
崩れないことを確認させて貰うことが出来ました。

今度行くときは最終堰堤を越えられるといいな~~~
あぁ、それにしても風が冷たかった!

駐車場に降りた時雨止んで、日差しも戻ってきました。
それでそのまま健康の森をちょっとだけ歩いてきました。
[PR]
by mizuho-24 | 2011-10-06 07:40 |