失われた道を求めて ④

この道は、

いつか来た道。

c0138991_21415651.jpg



D700 + Ai AF Zoom Nikkor 28-105mm F3.5-4.5D(IF)



普段から曲がる角を一個間違えるとかよくやること。
走りなれた道でも夜間にこれをやると
うわー!やっちまったよ!って事になり大変。

それを山でやっちゃったらねぇ・・・
見通しのいい日だったからよかったものの・・・



c0138991_1934855.jpg


おそらくこの道を知る人なら、
何でアンタこんなところで間違ったの?!
・・・って呆れられるのかもね。

自分の中の野生のカンもなんか違うよ!って言ってた気がしていたのに。
行ってしまったのです。
間違った方へと・・・。

この写真のところで二方向にガレが分岐するんですが、
左手は今回の台風で新たに深くえぐられてた。
右手はそういうガレが新たに流れた様子もない。

上から流れが来た側にどうしてか進んでしまった!!









c0138991_1947308.jpg


踏み跡がパタリと止んだことに警戒感を覚えた。
テープも途絶えた。

だけどここを行くと、
その先に草付きがバーン!と現れてくるという幻想を抱き、
落差が3mはあろうかといいう溝の底を進んで行った。









c0138991_19515636.jpg


急に増えたのが若木の倒木。
枝が比較的細くて密で、
それをやり過ごしながら進むのは結構骨が折れた!

木の枝に上手い事乗っかってる岩が、
私が木に触れることによってずり落ちたりすることも。

結構大きいのが引っかかってるのがずれそうになると
ドキドキした!!
こんなの足に落ちてきたらまずいじゃーん!!(><)









c0138991_19551839.jpg


なんで撮ったかわからない一枚。

誰の足跡も無い!!って思って撮ったのかなぁ・・・??










c0138991_19564068.jpg


写真に撮ると大したことがなさそうに見えるときの方が、
勾配は急だし足元もあんまし確かじゃないのよね。

これはどういう風に見られてるだろう?

私はいつ引き返そうか、
いつ引き返そうか、
そればかり考えながらいた所になる。

今日はもういいよ!
行けなくたって構わない!
どうして私、こんなところにいるの?

すごーーーくマイナス思考になってたね!!









c0138991_2010059.jpg


深かった溝の高さも進むにつれ浅くなって来た。
浅くなるにつれ勾配もキツくなってきた。

もう少し頑張れば視界の開けるところに出れるのかしら?

ちょっと期待感が起きたが
どんどん左手の痩せ尾根に近づいて行ってるのが気になった。

絶対これは間違ったんだよ!!

途中何度もそんなことが頭をよぎっったけど、
でも、あと数メートル進んだら・・・
もしかしたら・・・・
って自分をだましだまし頑張ってあがって来たんだけど。

完全に違ってる!、ってやっと納得した。









c0138991_20103265.jpg


登って来た道というより溝を見下ろす。

倒れて来た木々で見通しが非常に悪いですねー









c0138991_20401380.jpg


慎重に降りて来てホッと一息。
まだ午前中だ。
もうちょっと頑張ってみよう!
そうだ!せっかくだからちょっと行ってみよう!

右に上がったらどうなんだろう?・・・と進んでみることにした。

そして上がってみたらね、
すんごい、で・じゃ・ぶーーーーーーーーーーーー!!!!!!

うぎょ!ここ見たことあるよ!!
うぉ!こっちだったんじゃん!!
わーん!なんちゅー無駄足やったの!!

というわけで、ピンクのラインで進むのが正解だったというわけでした。
上がるとすぐ右の茂みの中に見覚えのある小道が続いていました。
何も台風で荒らされた様子も無くて。

そして一枚目のところに来て懐かしい気持ちになった。
見覚えのある木。
あの夏の日以来久しぶりのご対面でした。









c0138991_20561610.jpg


この一枚だけちょいとレタッチしてみました。

見た感じと写った感じのギャップが激しいんで~
光が差さない明るい晴れってコントラスト薄くてむつかしいですねっ!









c0138991_20244187.jpg


さぁそろそろ帰ろうか~って思ってると、
下の方から賑やかな声が聞こえて来ました。
こっちに上がって来るかな~?と様子見したけど
なぜかしら来なかった~~~

でも声の主たちとは帰り道に出会いました。
女性のグループでちょっと開けたところで賑やかにランチタイムをされてました~

この道って自分が知らないだけで
結構ポピュラーな道なのかしらね♪











c0138991_20593386.jpg


あっち向いてホイ!記録写真も当てにならん!って感じです。
私この枝の門をくぐって帰りました。

でもね、もうちょっと右寄りに枝が湾曲してない部分をまたがなきゃならなかったのに!
いやー、ここね、ちょっとやばいポイントかも。

似たようなどれも正解そうな道筋が伸びてるんですわ!!









c0138991_2194913.jpg


ちょうどおでこの高さにぱたんと倒れてる木が数多くありました。
二回ほど☆が飛び出すことになりました。

足元ばっかし見てて、
ふいに、ゴッ・・・・・・・・って。


この日はタイムアウトの為草付きまで行くことなく引き返しました。
あぁ、間違った経路に進んだ時間が惜しい~~

でもこれで一つの確信をもって次回訪問が出来そうです♪


帰りに冷たいお茶が欲しくて自宅近くの自販機で、一個買ったら、
なんと当りが出てもう一個おまけで出て来ました。

一日の不幸と幸せは同じ配分だ、と思ってるんで、
今日はそれぐらい大きい失敗や頭ゴッツンだったのかぁ~!!
なはは!今日もいい一日だったな~!!とこの当りをありがたく享受いたしました。

連休初日は、こうしてプラマイゼロの平和に終わったのでした。
ちゃんちゃん♪
[PR]
by mizuho-24 | 2011-10-13 21:24 |