大山(弥山1709m)無雪期16回目

2011年10月29日 夏山登山道→弥山→行者コース

目覚ましが鳴った後、三度寝ぐらいした。
予定では一向平から矢筈山とか考えていたけれど。
そこに行くには時間が遅くなり過ぎてた。

もう、今日はごろ寝してしまおうかと思ったぐらい。
ウィークデーの疲れが残り過ぎててとてもだるかった。
でも、日曜日は一日雨になりそうだから頑張って支度した。
いちおう大山に向かってみた。

せめて健康の森から歩いてみようかと思ったけど。
どうもモチベーションが上がらない。

とりあえず歩き出した。
いつものように行者コースから行こうという気も起きず。
登山口に着いたのは9時過ぎていたかも。

久し振りに歩くと新鮮だった。
夏山登山道は疲れた私を
優しく迎えてくれた・・・。




c0138991_19351353.jpg



D700 + NIKON AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR



どうして山に行くんだろうね。
家で寝て疲れを取ればいいのにさ。

自分でもどうしたいのかわからないけど。
とりあえず何も考えたくなかったんだと思う。

苦しい思いをして登るのは、
現実逃避に持って来いな側面があるからね。
一歩進むことだけに集中出来て、
それだけしか心の中を占める感情が無くなる。

それを求めて私はこの日ここに来たんだよね。


c0138991_2035177.jpg


大山寺橋から夏道の尾根筋を見る。
いやー、なんか一週間で随分と葉っぱが散っちゃった感じ。

南河原駐車場は満車で、
今から夏道を上がる人が続々と出発していた。

ぎゅうぎゅうの駐車場にさらに入ろうとして空きは無いかと覗き込みながら、
諦めて情報館の方へ去る車も多くいた。











c0138991_20374517.jpg


今年この南河原駐車場寄りの階段から上がるのは、なんと初めて。










c0138991_20491061.jpg


一合目とかの、~合目は、
大抵だれかれとなく休憩してらっしゃるので
今日はもう写さないことにした。

標高のところだけ、節目に撮ろうと決めて進む~~










c0138991_2052495.jpg


でも、たまにしか来ないうえに、
帰りにはもうこの道を歩く事も無いので
せっかくだし・・・写す。










c0138991_20532244.jpg


紅葉も難しいね。
写すのが、じゃなくて、
木の葉の色付き方が。

今年は順調な季節の推移だったので
近年まれにみる紅葉になるかと期待大だったんですが。

近年まれに見る不作になったって印象がぬぐえない・・・。










c0138991_2056711.jpg


なんていうか。
色付く前に枯れてしまった葉が目立つというか・・・ね。










c0138991_20572079.jpg


しかしながら全体的には随分秋色になっています。
遠目にはいい感じっぽい。

奥に見えるのは宝珠山。
何と早くも素の稜線が透けて見えている。
初冬の様相になって来てる。










c0138991_21135373.jpg


今日も日差しが乏しいので
黄色がことさら映える日になった。











c0138991_2115883.jpg


私は森が好きだから、
なぁんか撮らずに素通り出来ない。

標高900mから1200mまでの間が好き・・・













c0138991_21171246.jpg


降りてくる人にはほとんどいなくて、
いっぱい抜かされたなぁ~~

賑やかに家族連れで、というグループと抜きつ抜かれつだった。
賑やか過ぎて、声が森に響き渡る。

お疲れモードの私は静かに歩きたかったので、
なんとか距離を置きたかったんだけど、

先に行ってもらってもすぐ休憩されているんで、
追い抜いちゃって・・・
また後ろから追いつかれて
先に行ってもらって・・・
追いついて・・・・

なんとも悪循環だった。












c0138991_21263676.jpg


なんとなくパチリ☆










c0138991_2133974.jpg


たまに来るとやっぱり行者コースで登るより、
夏道を登る方がラクなのかな?って思う。












c0138991_21321899.jpg


標高の印は1100mまでしか撮っていなかった。











c0138991_21334029.jpg


いい天気になって来た。
風がほとんどなく汗がダラダラだったけど、
空気はひんやりとしていて、
立ち止まるとスーっと汗が引いて行った。










c0138991_21365638.jpg


木の葉は六合目に差し掛かる頃になると
一気に減っていて、
北壁の方が透けて見えるようになっていた。










c0138991_21385237.jpg


このままずっと今日はいい天気かと思いきや、
ガスがもわーーーーっと流れてくるではありませんか!!










c0138991_21401872.jpg


頂上に近づくにつれ、
下山する人とすれ違いの渋滞が頻繁に起こるようになった。

あともう少しで頂上・・・のところからパチリ☆

思わず写したのは人がめっちゃくちゃいっぱいいるのが見えたから。
凄い人数歩いてるよぉー!!










c0138991_21441169.jpg


八合目の手前でガスが湧いて来たときはどうなるかと心配したけど
山頂は青空で行くことが出来てうれしかった♪

真っ白も風情があって好きだけど、
雲のある晴れた日もやっぱ気持ちいいねー!!










c0138991_21463096.jpg


頂上避難小屋の気温。
かなり高いです。












c0138991_21482095.jpg


下界はぼんやりでした。











c0138991_21493352.jpg


お昼ご飯食べるために座る場所あるかしら?って心配したけど
なんとかいつもの場所に座ることが出来て、ホ♪

大混雑でございましたね~









c0138991_21514595.jpg


お昼を済ませていつもの角度でパチリ☆












c0138991_21572943.jpg


両親に登頂報告をすると、
こっちでは雨が降り出したよ!そっちは大丈夫なの?と言う。
雨雲レーダーを見ると両親のいるところには確かに雨雲が掛かってる。
大山はしばらく大丈夫そう・・・
でも日本海から雨雲が接近中だった。

さて、帰りましょうか。










c0138991_215829100.jpg


乾いた木道はやっぱり安心感あるね!
るんるんスタスタ気分よく進む♪

でも、帰り道は壮絶な渋滞で
さすが紅葉シーズンたけなわを痛感することになったのでした。
[PR]
by mizuho-24 | 2011-10-31 19:44 | 登山