大山(弥山1709m)冬山1回目⑤

ジェラ-ト状の足場になって来ました。
降りてくる人の足元から、
石と金属のこすれる音が聞えてくる。

それを見てアイゼン付けようかと不思議と思わない。
まだまだこのままで十分行けそうだな~・・・と思っていた。

それより気になるのがみんなの足跡。
靴底のパターンが雪面にくっきり残ってる。


いいグリップを発揮してるって感じの足跡。
羨ましいな~

足踏みして、自分はどうかと確かめてみた。
私の足跡はほとんど跡になってない。

ぬおおおおお!!
と、思い切りぐしゃ!っと叩きつけるように体重をおもっきりかけた。
やっと足跡が付いた。


c0138991_20314290.jpg


 D700 + AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR + UVフィルタ-



元谷分岐からしばらく雪がほとんどありませんでしたが、
標高1300mの標識辺りから増えて来ました。

と同時に周囲はどんどんガスで白くなって行きました。


c0138991_20433951.jpg


昨日の新雪はみんなに踏まれ、
そして比較的暖かいのでまさにシャーベット状・・・。

冷え込まない日で助かったのであります。
これが凍ってたらとっくにアイゼン付けて登っていた事と思われます。










c0138991_20504741.jpg


六合目に到着です♪

ここで引き返す人も結構いました。

風も強かったし、
なにより展望ゼロだったし。

近いからまた来ます!と笑顔で降りて行く人にも出会いました。










c0138991_2055536.jpg


登りで追い抜く人はみんなノーアイゼン。
逆に降りてくる人は半数がアイゼン装着。

これまでの季節と違って、
みんなしょってる荷物が大きい。

みんな長ズボンだし。










c0138991_20581536.jpg


何も見えないけど・・・
北壁の方を向いてパチリ☆











c0138991_2131529.jpg


七合目到着~☆











c0138991_2141054.jpg


夏山登山道を見下ろす。
あぁ、まっしろーーー!!










c0138991_2173795.jpg


標高1500mm。
標識がまるで十字架のようです。










c0138991_2182564.jpg


こちらは草鳴社ケルンのガレ場。

雪がある方が歩き易い。(爆)










c0138991_2195828.jpg


同じく草鳴社ケルンを今度は見下ろして。

ホントはとても展望のいい場所なのに。
真っ白~~~










c0138991_21121047.jpg


八合目到着~☆

今日はここで引き返そうかと思って歩いてました。
とても風が強かったから。

そんな風の中を、
踏みしめられた雪の木道を歩くなんて怖いと思って。

でも、降りてくる人から聞くと、
そんなに風は強くありませんよ!とおっしゃる。

木道の雪もそんなに心配するほどの事もないですよ!と。











c0138991_2116176.jpg


それじゃあ行けるところまで・・・
行ってみようか・・・・

でもこの先は風が強い事には違いないから、
ここでアイゼンを付けて、
それから行ってみよう!










c0138991_2121185.jpg


さぁここから頂上までは風がダイレクトに来る。

昨シーズンの雪で北壁側の手すりが壊れてしまって、
転げたらもれなく谷底にサヨウナラ~なだけにちょっと気合を入れる。










c0138991_21241618.jpg


去年のちょうど今頃に、
雪がうっすらの日にここに来たときは、
今は無くなった棒とロープにすがって行く人も結構いたのに。

冬までに直されると期待してたんだけど、
壊れたまんまで冬が来たーーー(><)










c0138991_21264637.jpg


想像していたより風は弱かった。

防風対策はバッチリなスタイルで来てたのも
そう思った一因だと思うけど。

そしてまたまた道から雪が無くなる。
せっかくアイゼン付けたのにな~
アイゼン付けたら雪の上が歩きたくなるのに、
残念!!雪ないじゃん!!!
外そうかな・・・との思いが駆け巡る。










c0138991_21302081.jpg


アイゼン外そうかどうしようか思いつつも歩く私。
と、ダイセンキャラボクの茂みの中に雪発見♪
わーい♪










c0138991_21315839.jpg


ここまで気になるほど風は強くなかったけど、
でも先は違う!

はずだ。



つづく・・・
[PR]
by mizuho-24 | 2011-11-30 21:34 | 登山