大山(弥山1709m)冬山1回目⑥

見晴らしゼロというのも
考えようによっては悪くない。

次に期待して、
また来ようと思うから。


c0138991_211334.jpg



 D700 + AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR + UVフィルタ-



出会ったみなさんのおっしゃる通り、
風は木道に出てからもそんな吹き飛ばされそうな程は強くなかった。

あ・・・これならちゃんと頂上まで行けそう・・・
周囲が白くて視界が乏しくても、
強風でない方が気持ち的に助かる!

雨も降ってるわけじゃないし。
これからの季節の悪天候を考えたら、
今日は中々上々の条件で歩く事が出来たって事だ。
ラッキーと思わないでどうするの?私。

c0138991_2173498.jpg


木道のヘリのポールとロープは取り外されている。
それで木道がそれがあった時と比べて幅が広く感じられる。











c0138991_21132978.jpg


今年、もう一度乾いた木道が歩きたいという願いは叶えられた。

ロープとポールが無いと
巻物を転がしたような
ファンタジックな雰囲気♪

しかし、ここまで雪が消えてて、
なおかつ乾いてるところを歩けるなんてビックリだった。











c0138991_2117180.jpg


すぐそこに避難小屋が見えるような位置に来ても、
木道には雪が無いと言っていい状態だった。












c0138991_21182143.jpg


すぐそばに近寄らないと姿が見えない位の濃いガスだった。

人の気配がない。












c0138991_21195049.jpg


気温のチェックに行くと、
ピッタリと閉ざされた扉の向こうから
話し声と笑い声が聞こえて来た。

4度もあった。












c0138991_21221661.jpg


山頂碑の方へ行く。

ここもやはり真っ白で誰もいない。

どこでも好きなところに座れる。
すごい贅沢な感覚。











c0138991_21245244.jpg


お昼ご飯にバ-ムクーヘンをむしゃむしゃやってると、
二人組が二組登って来て、
記念写真を撮ったらさっさと避難小屋の方へ去って行った。











c0138991_21302429.jpg


剣ヶ峰の方を向いてパチリ☆

サイコーにまっしろ。

お昼を食べてると、
ガスの向こうに時折太陽が透けて見えることがあった。
一瞬、青い空の色が見えたり・・・・

でもそれはほんの一瞬で、
この白さが消えるというわけではなかった。

少し期待して、
カメラを構えて待ってみたけれど。











c0138991_21345756.jpg


降りてると、ぱーーーーっとガスカが晴れて周囲が見えるときがあった。
すかさずパチリ☆パチリ☆

このまま晴れて行くのかと立ち止まったけれど、
すぐにまたガスに包まれてしまった。











c0138991_21365677.jpg


夕方から夜にかけて、
冬はガスカが消えるってのは
これまで何度か経験がある。

今日も駐車場に着く頃には、
すっかり稜線が晴れちゃうのかな?









c0138991_21384216.jpg


頂上にいるときに見えてたら良かったのに!!
ちょっと悔しい~














c0138991_21391378.jpg


本当に、今日は暖かったんだ。
雪が解けて階段は雫が滴り落ちていた。











c0138991_2141520.jpg


帰りは夏道を降りようかと、
朝の行きでは思っていたけど、
帰路も行者コースで降りました。

朝にあった雪はほぼ消えておりました。













c0138991_21425683.jpg


元谷まで降りてくると、
なぜか「大山ありがとう」という気持ちが湧き起ります。

今日も無事に、行って帰れました。
ありがとう。

そういう感じなのです。


ここからは行きと同じく、
治山道路を通り下宝珠登山口から神社へ降りました。

金曜日、土曜日は非常な荒天になる予報です。
雪がどっさり積もるのかしら?
そんな予感です。
もう一度、行者コースから行けるといいな、と思いつつ、
先週の弥山行きを終わります。

長々とお付き合いくださいまして
ありがとうございました。
[PR]
by mizuho-24 | 2011-12-01 21:51 | 登山