大山(弥山1709m)冬山2回目②

天を仰いでも、
落ちてくるのは
雨粒ばかりなり。

登り始めから雨だった日曜日。
これが冬以前なら予定を変更して
登りに行かなかったかもしれない。

でも、高度があがれば雪に変わるという期待感から、
それに今日の予報の降水確率の低さから、
んじゃ張り切って行ってみよーー!!(^0^)ノ

・・・となったのでした。

c0138991_1953937.jpg


大神山神社の狛犬さまは、
瞳の意匠も材質もとても凝っていて
私の知る狛犬さまのなかでも特に印象深いです。

 D700 + AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR + UVフィルタ-



土曜日の晩の天気予報では、
明け方には雨は上がって、
その後は日中曇りでしょう~
西部は夕方から晴れ間があるでしょう~
・・・と言っていました。

大山の天気予報も終日曇りのマークだったので、
まぁまぁいいお天気になるんだなー、と喜んでいたのです。

朝、空を見上げると、
雲の面積よりも晴れた空間が広くて、
おお?!今日は曇るんじゃなかったの?と
意外な展開に大喜びでした!

でも、雨雲レーダー上にはポツポツと気になる影が映っていました。
雨上がりの割に、島根半島の稜線はくっきり見える道中でした。
でも、松江市内からは大山の姿を確認することは出来ませんでした。

米子市内に入ってから、
日野川を渡るぐらい近くになるまで、
まぁ、いつものことですけど、
お山はすっぽり雲の中に隠されておりました。

駐車場に着いた頃から雨脚がはっきりして来ました。
冬のスタイルなので、
少々の雨風はちっとも気になりません。

登れば雪になるはず・・・
ここ最近で一番閑散としていた駐車場を出発しました。




c0138991_19313539.jpg


いよいよ深く積もるまでは、
頑なに行者コースから登りたい私です。

ここに到達するまで、
今日はものすごくちんたらちんたら歩きました。

雨が止まないかな~~って思って。
やっぱりカメラの事を考えたら、
雨は嬉しくないもので。

いつものカメラを持って行かなきゃルンルン歩けたのですがね。











c0138991_19354556.jpg


止まない雨になかなか足が進みません・・・

これは一枚目の狛犬さま。
その向かい側に行きます。











c0138991_19413415.jpg


向かいの狛犬さまの脇から、
先週と同じく女坂を歩いてみました。

木の下の方が雨が直接当たらなくていいかなぁと思って。











c0138991_19445437.jpg


女坂より階段を眺めてみました。







神社で、ちょっとブラブラなんとなくの時間を過ごしました。
雨が、止まないかと思って。

このまま降り続けるなら
やっぱり今日はもう帰っちゃおうかしら・・・
などとモチベーションがダダ下がりでした。

しかし、嬉しいことに雨粒が小さく、
まばらになって行き、
このまま上がってしまう雰囲気になって来ました。

やっぱり行こっか。












c0138991_19455447.jpg


視界の奥が、霧でぼかされてミステリアスです♪

こういうの好きなシチュエーションなので、
おお!いいじゃんいいじゃん!と思いながらまずは入口をパチリ☆










c0138991_2003815.jpg


台風以後、落石の音が聞こえると、
ここで何かあったのでなければいいけど!と思うようになりました。











c0138991_203275.jpg


あああー・・・すごく寂しいムード満点でしたー。












c0138991_2063227.jpg


雪が全くないので、
せっかくだしいつもの道へ・・・










c0138991_2072297.jpg


透けて見える遠くの方にも
雪が見当たらず。









c0138991_2074076.jpg


あ!同化してる♪











c0138991_2094031.jpg


元谷に到着~♪

この雨で流れが二つ出来ていた。
その二つをまたいで進む~~~














c0138991_20135766.jpg


ガスが去った後に
木々に霧氷は期待出来そうにない。
霞の中も茶色いまま・・・。

正直なところ、がっくり来ました。

思いの他、暖かいんだな~と思いつつ、
元谷を後にしました。


つづく・・・。
[PR]
by mizuho-24 | 2011-12-05 20:18 | 登山