大山(弥山1709m)冬山3回目④

c0138991_21215144.jpg


 Nikon 1 J1 + 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 





c0138991_2140233.jpg

















c0138991_21401522.jpg

















c0138991_21403599.jpg

















c0138991_21404574.jpg

















c0138991_21412676.jpg

















c0138991_21432567.jpg

















c0138991_21433814.jpg

















c0138991_21435260.jpg

















c0138991_21441388.jpg

















c0138991_21442753.jpg


みなさんのお蔭です。
入口はとっても綺麗に掘ってありました♪
















c0138991_21444510.jpg


持って行くと使う機会が無くて、
持って行かない日には、
あったら良かった!になる。

それがスノーシューの法則。

ちなみに、写ってるのは私です。
珍しく撮ってあげましょう。に応じまして。














c0138991_21451389.jpg


弥山の山頂碑は完全に埋もれていた。
いつもここに来たら写すポイントからパチリ☆

行く手を阻むロープも注意書きも今は雪の下に。
当然のように縦走路へ踏み込んで行く。

もう、今日は私が最後の登頂者だった為、
行く手にも誰もいない。
誰か後から来る人もいない。

ひと時、貸し切りの贅沢を味わう。
















c0138991_21453616.jpg


三角点までしか足跡が無かった。
もう少し先へ進んだ。
















c0138991_21454932.jpg


ズームで引き寄せる。

近くて遠い。
いつの季節も。

でも今日はいつもよりずっと近くで眺められて嬉しかったよ。














c0138991_214672.jpg


ぎょえーー!!
白い空気が舞い降りてくる~~~

もう・・・今日はこれ以上行っちゃヤバいね・・・
すごく残念だけど、来た道を戻ろう・・・

こんなとこで真っ白になったらイヤだわ~~と思いつつ、
ちょっと早足で山頂小屋のところに戻る。


















c0138991_2211462.jpg


避難小屋のところに戻ってきたら、
またちょっと天気が落ち着きました。

もうとっとと降りなきゃ~という時間になって来てたのですが、
名残惜しくてちょいとウロウロしながら
お菓子かじったり写真撮ったりキョロキョロ~~


















c0138991_2214283.jpg


吹き付けた雪の造形が面白いね。
まるで天使の羽根をまとったようだな、って思った。


















c0138991_22162015.jpg


次に来るとき、
こんなに周囲を見渡せることが出来るか
その可能性はとても低い。

だから何度も何度も振り返りながら
少しずつ降りて行った。



















c0138991_22185059.jpg


今日はこれでまた白い視界になってしまうのか・・・
たとえそうでも今日は十分いい景色を拝ませてもらったから
ちょっぴり残念だけど、ありがとう大山・・・。


















c0138991_22211587.jpg


と、再び視界は開け、
空と雲の間が幻想的な色合いになって来てた。


















c0138991_22223534.jpg


しばし立ち止まってウットリと眺める。


















c0138991_22231925.jpg


この先は一気に下りに入る手前で
来た道を振り返った。


















c0138991_22243980.jpg


きょお~~の日はぁ~♪
さよぉ~~~なぁらぁ~♪
ま~た~~~♪
あ~~う~~~♪
日までぇ~~~~~~~~♪
















c0138991_22272318.jpg


三鈷峰に薄いヴェールのような冷気が美しい~~~~~!!!
ウットリ眺めて、またまたパチリタイムに突入~~


















c0138991_22343268.jpg

















c0138991_22345779.jpg

















c0138991_22351970.jpg


これを撮った後はひたすら下ることに徹しました。

ちょっとノンビリ来すぎてて焦りもあって。
再びガスって来て、視界がまっちろけーになりがちでしたので、
景色にとらわれずひたすら進めたので、
ガスってくれて好都合の下りでした。


















c0138991_22402070.jpg


元谷経由で降りるのはホワイトアウト気味なので
今日は止めとこう!ということに。
まぁそれ以前に、うっかり分岐を通過してしまっていました。
というくらい七合目より下が視界不良でした~~~


















c0138991_22431629.jpg


すっかり降りて、
シャトルバスにのって自分の車に戻る頃になると、
稜線がクッキリ鮮明に見えるようになっていました。

冬眠中の植田正治写真美術館へと向かいました。
久し振りの訪問です。
ここの水たまり鏡大山が結構お気に入りでして~~

夕日にピンクに染まってくれたらいいな。と思ったんですけど、
ちょっと夕日も光が弱く、
お山はフワーッと雲が出てくるし
寒いので早々に退散~~

翌日曜日は、久しぶりに筋肉痛に襲われました。

*おわり*
[PR]
by mizuho-24 | 2012-01-26 22:49 | 登山