大山(弥山1709m)冬山4回目②

c0138991_21105977.jpg


樹林帯を抜けると、
あとうもうちょっとだ!という気持ちになる。

先が見えた・・・っていうのかな。
まぁ実際にこれから向かう先が良く見えるんですけど。(爆)

あとどんなにのんびり行ったところで
一時間もすれば山頂に行けるんだと思うと、
精神的には、「目的地に到達」した感覚を覚える。

第一段階終了っていうかネ。

振り返れば眼下の景色が望める。
海と空との境界はイマイチはっきりしないのはちょっと残念!

一般的にはここから先がキツイってことらしいけれど。
ここまでの道程の方がキツイと思う私でございます―


 Nikon 1 J1 + 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 




私は相当なスローペースでとぼとぼ進みました。
お蔭様で体調もすっかり復調し、
気分的に前向きになることが出来ました。

抜きつ抜かれつする際に、
あいさつを交わす時も、
「こんにちはー!」以外にも会話出来る余裕が戻って来ました。

多くの方々に抜かされて行きました。
でも、まだまだ後続の人々がいました。
五合目を過ぎてからは、
下山する方とのすれ違いも増えて行きました。

今日は皆さんのお顔がとっても晴ればれとしてる印象でした。
笑顔での励ましのお言葉をたくさん頂戴しました。

登る人からも、ゆっくりでも進めばいつかはゴールだ!頑張って!と。



c0138991_1336482.jpg


ゆっくりゆっくり。
一歩一歩を確実に。

風はほとんど感じられずにここまで来れていた。

だんだんと、空が白くなって行くのが気掛かりと言えば気がかりだった。



















c0138991_2149155.jpg


大山の後方に控える山々も良く見ることが出来た♪
















c0138991_21513781.jpg


そうそう。
ヘリが上空を飛んでいた。

最初は接近する音を聞いて、
遭難でもあったのかと行方を目で追いました。


















c0138991_21563340.jpg


弱い光の差す中で、
ちょっとシャンとした日差しの来るときもあり、
そんな時は雪の白さが背景に浮き立って見えてワクワクしました。


















c0138991_2158541.jpg


薄雲が広がってるお蔭で、
眩しさや気温の上昇の心配はありませんでした。

強力な日焼け止めでがっちりガードするだけで良かったので、
その点は助かりました!!

ちなみにこの地点が六合目です。
避難小屋は雪に完全に埋もれていて位置が知る人ぞ知る状態に。
画面左端の少し表面ががさついたところが小屋の位置と思われ…。


















c0138991_2274416.jpg


たぶん、この辺りに六合目避難小屋があるはず?!

次に行くときにどうなってるか興味津々です。





















c0138991_2205822.jpg


下を見下ろしても良く遠目が効いてヤッホー!って気分です♪
















c0138991_22131312.jpg


北壁のハイシーズン到来を感じる一コマです。
冬ならではのポイントに人影があります♪
















c0138991_22144719.jpg


前回ホワイトアウトな区間だったところも、
今日はず~っと視界良好です♪

これは七合目付近でしょうかね~~


















c0138991_22162273.jpg


お!さっき一人だったところにもう一人登って来られてますよ!

稜線も、今日は縦走してる姿を複数確認することが出来ました。


















c0138991_22244611.jpg


草鳴社ケルンもひとつの目標点だと言えるでしょう。

貴重なランドマークですしね。


















c0138991_222666.jpg


草鳴社ケルンを通過して行きます!

ここより先に行くのは登山目的の人ばかりになります~
ボーダーとスキーヤーは七合目付近の稜線に集まって、
そこから元谷へと下降して行くのがほとんどになりますから。



















c0138991_2235545.jpg


振り返ると、結構な斜度があるように感じますけど、
登ってる最中は、うわー角度キツイー!とは不思議と感じないんです。



















c0138991_22395648.jpg


八合目です。

ここまで来ると、山頂はもうすぐ!

そういえばいつの間にかモード切替ダイヤルが動いてて、
この一枚だけ縦横の比率が変です。



















c0138991_22374933.jpg


標高1600m地点です。

さぁ、ここから先は山頂までずっとゆるやかーな傾斜が続きます。
その緩やかな道のりが、結構つらいんですよね。(^▽^;)



















c0138991_22425652.jpg

















c0138991_22431323.jpg

















c0138991_22433016.jpg

















c0138991_22434592.jpg

















c0138991_2244102.jpg


木道のロープの支柱もぶっとくなってます。
まるで翼のようです。
鳥の翼に実によく似た感じになってるのがスゴイ~~

ちょピンボケですが。
もうこの辺り、ヨレヨレになっておりました~


















c0138991_22465030.jpg


緩やか過ぎて、この道程、
ほんとーに苦手です。

まだ急激な坂の方がラクに思える不思議。
でもようやく頂上避難小屋の屋根の天辺がしっかりと見えて来ました~


















c0138991_2250296.jpg


あともうひと頑張りっっ☆

縦走路にたくさんの人が♪
三角点にもいるいる♪
今日ももれなく行けそうだ!
ヤッター♪

気持ちは急いてるのに足がだるい~~(><)
スーパーとぼとぼ歩きで進む~~


















c0138991_22562845.jpg


わーい!
今日もなんとか無事にここまで来る事が出来ました!!

ハロー!!
山頂避難小屋~~~


















c0138991_22574438.jpg


色んなピッケルがいかにも雪山~~ってムードむんむん!!

休憩もほどほどに、
冬しか行かない領域にレッツゴー☆


つづく・・・
[PR]
by mizuho-24 | 2012-02-09 22:59 | 登山