久し振りの鳥ミング♪

ニコワンは35mmフルサイズの2.7倍の焦点距離です。
という事は、300mmF4が810mmF4になるわけです!
これは鳥ミングに非常に好都合なことでっす♪

手持ちのレンズがすっごい望遠レンズに化けるわけです!
これまでより大きく詳細に、
鳥が写せるなんてこれはウレシイーー!!!

土曜日はお山は冴えない天候でしたので、
日曜日の晴れマークを信じて近所で遊びます。
じゃどこへ行く?というわけで日御碕にレッツゴーーー☆

c0138991_22484936.jpg


日御碕の経島はウミネコの繁殖地として有名スポット。
寒さが一番厳しくなる頃から梅雨明けにかけてが
この島が一番賑わう時期。

行くとにゃーにゃー賑やかな声が出迎えてくれました♪

 Nikon 1 J1 + NIKON AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR + C-PL




ニコワンにマウントアダプターをかませ、
VR28-300mm装着で行ってきました。

c0138991_23144443.jpg


最初、鳥見台から島を眺めていたんですが、
うみにゃんこは海上や港の方へ沢山いるのがみえました。

鳥見台から灯台がこんなに大きく写せるのです!!
すごーい810mmってすごーい!!


















c0138991_23125789.jpg


頭上を飛んでるのもまぁまぁいたんですが、
810mm手持ちで飛びものはさすがに苦しい!!
全然追い切れずピンボケ以下っていうの量産して
諦めて止まってるのを写すべく港へ移動~~~

比較的遅いトンビですら追い切れず・・・

飛びものを写せるようになるには練習がかなり要るなー!!って感じです。



















c0138991_2362259.jpg


まとまった数がいました。

そぉーっと近づきます♪
















c0138991_2333226.jpg


ニコワンのいい所は、
ピント合焦の際と、シャッター音を無音に設定出来るところ。

鳥さんを驚かせない♪
















c0138991_23335390.jpg


あえて望遠端でばかり写してみました!

わーい♪画面に収まりきらない位に寄れる!!


















c0138991_23361228.jpg


基本みな風上に向かって立ってるので、
同じようなのがいっぱい撮れます!!


















c0138991_23381510.jpg


時折、
にゃあーー!!
にゃあー!!
にぃやぁあーーー!!
と雄たけびが上がります。


















c0138991_23421037.jpg


観察してると色んな子がいて面白いのです。


















c0138991_23433141.jpg


ちょっとぶちゃいくな二羽。
















c0138991_23443592.jpg


寒いのは苦手っす!















c0138991_2348494.jpg


ひそひそ話?


















c0138991_23492390.jpg


キレイキレイ♪















c0138991_23512972.jpg


ねむ・・・


















c0138991_23522466.jpg


アンヨの黄色いのがウミネコですー


















c0138991_23525955.jpg


オオセグロカモメの若。


















c0138991_23533420.jpg


そっと寄っても逃げるやつもいる。



















c0138991_23552139.jpg


波消しブロックでまったり~


















c0138991_2356728.jpg


いかだの上も快適です?!


















c0138991_23564599.jpg


でも一番はキラキラ波間でぷかぷかかな~


















c0138991_015593.jpg


これだけ手持ちで撮れるなら、
三脚や一脚があればもっとフブレずにシャープに撮れるはず!
この春はうみにゃんこの毛玉も撮れるかもと思うとワクワクします!






今回は、左手でカメラとレンズをすべて支える格好で写さねばなりませんでした。
本体はシャッターボタンにかるーく指を乗せる程度にしました。

ニコワンは小さくて軽い反面、
自重より重いレンズを装着した場合、
接合部の破損に注意せねばなりません。

VR28-300はもちろん、本体の何倍も重いので、
本体だけでレンズを支えたら壊れてしまいそうでした。

そんなわけで、腕がだるだるになって、
夕日も撮れそうだったのに、
日が沈む前に帰路についたのでした。

そして帰宅してから、
大山で遭難があったと知ったのでした。
[PR]
by mizuho-24 | 2012-02-16 00:18 |