大山(弥山1709m)冬山5回目①

2012年2月12日 夏山登山道⇒弥山⇒元谷⇒大神山神社

c0138991_751359.jpg


それでも
山へ行く。

 Nikon 1 J1 + 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 





日曜日の朝、
目覚ましが鳴ってから二度寝してしまった・・・。
次に目覚めたのは、
目覚ましから1時間半後だった・・・。

ぐわーーーん!!
空がすっかり明るくなってる!!
今日はもう、このまま寝ちゃおうか!!!と一気に行く気がしぼむ。
でも今日は貴重な太陽のマークのある休日よ?!
行かなかったら絶対に後悔するにきまってる!!!

うすぼんやりした意識の中でしばし葛藤する。
んーーーーーーーーーーーー!!!

休日の制服(山スタイル)にぱぱぱぱぱーーーと着替えて、
いざ!大山に向かってゴーゴー☆

天気予報の通りに空は青空がふぁ~~~っと拡がり、
朝日がしゅわ~~~っと差していた!
おだやかな晴れ~~って感じ。
この分だと駐車場は今の時点で満車に近いかもしれない!!と思った。

晴れた日曜日はそりゃもうスキー目当ての人もヤッター!チャーンス!!と思ってる。
贅沢にお高い休日料金払ってまで上の駐車場へ停める気だったのだが・・・。
たぶん、8時までに駐車場へ辿りつけそうにない!!(><)

前日の雪は標高600m過ぎ辺りから圧雪になっていた。
いかにもつるんつるんにテカテカ光ってる。
前方にブレーキランプが灯って、停止した車が何台も見える。
進もうとするんだけど、空転して発進できない車も見える。
うわー!!やだなー!!と思いながら進む。
次第にゆっくりになり、すぐ前の車が停車した。

対向車が来るので自分も停止することになった。
タイヤは路面のテカテカになってない部分に乗せて停止。
こうすれな発進の際の抵抗になってくれて無理なく発進できるからネ。

動けなくなった車を抜かして前に進む。
しかしその先も延々と車の列が延びていた。
このままノロノロ渋滞で進むのもどうかと思い、
槙原駐車場に停めてシャトルバスに乗ることを選択した!

さすが日曜日で良くなるという予報が出ているだけあって、
シャトルバスはあっという間に満席になり、
次々に発車して行く。
乗り込んで数分で出発。
あっという間に博労座に到着した。

c0138991_2135452.jpg


前日の土曜に遭難があったからだろう。
レスキューの車やらパトカーやらが停まっていた。

身支度を整え、情報館の正面玄関へ階段を上がると、
警察関係者や報道関係者や、
救助の関係者が大山の方を一様に眺めていた。

情報館前からでも六合目より上の稜線にズラーっといる登山者の姿が見える。
遭難者の救助を皆が固唾をのんで見守ってるかのように。


















c0138991_2224830.jpg


天気予報は・・・
あれ?
雪が降って来たー!
うそー!マジー?!
という感じにいつものように白く霞んだ状態だった。

そんな白く見通しの悪い空をヘリの飛ぶ音が響いてる。
今まさに、救助中らしかった。


















c0138991_226126.jpg


白いし、雪も降ってるが、
風は地上にいる分にはあまり感じない。

ヘリはしばらく元谷方向でホバリングしていたが、
ほどなく境港方向へ飛び去っっていった。


















c0138991_2295128.jpg


登山道は、いつになく踏み固められていて、硬い。
この鳥居の見える地点でアイゼンを装着してしまった。


















c0138991_22112273.jpg


前日の雪が標高の低いスタート地点から、
小枝にも着雪してて綺麗だった♪
















c0138991_22125292.jpg


一合目に着くぐらいの間に、
山頂まで行って下山してきた人と何人にも出会った。


















c0138991_22152642.jpg


進んでると、再びヘリの接近する音が近づいてきた!
思わず空を見上げる。


















c0138991_22163997.jpg


まわりの光景は美しいの一言に尽きる素晴らしいものだった。


















c0138991_22174728.jpg


夏もたびたび遭遇して、
冬になってもよく遭遇するある常連さんが、
今日は珍しく単独ではなくて、グループで追い越して行かれた。


















c0138991_2221991.jpg


周囲は最高に美しくて、
いい日に来れた!と内心大喜びでした。


















c0138991_22222737.jpg


ちょうどいい分量ですごくいい感じに雪を纏ってる♪
雪の白さが周囲をほんのり明るく照らすのがまたいい感じだった。



















c0138991_22244511.jpg


お♪

鳥さんがすぐそばにやって来た♪

歩いてもガサゴソしてても逃げる様子が無い。
これってチャーーーンス!!!

でも小さくしか撮れない!!
残念だけどそれでもパチパチ☆する!


















c0138991_22263434.jpg


すっごい拡大してみました。
ゴジュウカラです。

大山では良く出会う鳥さんです。


















c0138991_22282579.jpg


肉眼だともっと至近距離で大きく感じられたんですけど!!
写すとちっちゃぁ~~~~~!!!

ちなみにスズメくらいの大きさの鳥です。


















c0138991_22295727.jpg


鳥に夢中になってしまいましたが、
振り切って前に進みます!!

ものすごーく高貴な光景へと変化して行きます!!


















c0138991_2231448.jpg


樹氷見物としてはかなりの好条件でした。
何度も止まってはウットリして、そしてパチリ~☆
















c0138991_22331074.jpg


















c0138991_2234833.jpg

















c0138991_22343782.jpg


きゃいん!!
青空が!!

やっぱり今日は晴れるのね?


















c0138991_22352795.jpg


地上へは日差しは来ない・・・。


















c0138991_22361451.jpg


下の方を見ると、
ずどーん!と重苦しい色合いになっている。

やっぱり青空は高望みだったかなぁ・・・


















c0138991_22374399.jpg


団体さんが一気に駆け抜けて行った。


















c0138991_2238503.jpg


五合目に到着~~

標識がよく分かるようになっていた。
ここから先の注意ポイントの書かれた見取り図やなんやかやが設置されていた。

ここでちょっとおやつ休憩をした。
どうも向こうが次第に霞んで来たのが嫌な予感。




















c0138991_22425956.jpg


うわーーーーかなしい~~~~!!!

白くなってきたーーー!!!



















c0138991_22461566.jpg


ぎゃーーーー!!!
哀し過ぎーーー!!!
まっしろけーーーーーーーーーーーーーー!!!!


















c0138991_2247545.jpg


周りは真っ白けっけ!!
しょうがないね・・・
せめて写せるのは自分の足くらい!!!

まわりは白過ぎてオートフォーカスのピントも合わせられない!!
むなしい~~~(T_T)

今日のやる気がガクッと急降下。

六合目までで引き返すんです~!という方が激増。
二合目で出会った良く出会う常連さんご一行も六合目で引き返す事にしました!と言いながら降りて行った。

非常に濃厚な白さの中をそれでも進んで行った・・・。


















c0138991_23133142.jpg


もう、今日は帰っちゃおうかな~~との思いが強くなり始めていた。
だけどそんな気持ちを吹き飛ばすように、
視界が開けた!!!!

わおーーーーーーーーーーーーーーーーー♪♪♪


つづく・・・
[PR]
by mizuho-24 | 2012-02-17 22:54 | 登山